注文住宅を建てる際は複数社一括見積!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

注文住宅を建てる際は複数社一括見積!

注文住宅を建てる際は、最近ではほとんどの人が一括見積を行っているのではないだろうか。

 

一括見積を行うと、最初から一つ業者を選んで見積もりを行ってもらうよりもお得になることは、容易に想像がつくだろう。

 

一括見積はお得になる!?

 

注文住宅を建てる際は複数社一括見積!

 

あなたは、引っ越しをする際にまず何をするだろうか。

 

おそらく、ほとんどの人は「引越しの一括見積」を行うのではないだろうか。

 

 

引越しの際に一括見積をおこなうと、一括見積のサイトにもよるが、大体4〜5社から電話がかかってくる。

 

「あなたの部屋にある荷物はどれくらいですか?」「それをどこにもっていくんですか?」「インターネット回線等についてはお決まりですか?」

 

様々なことを聞かれ、最終的に「見積もりはこれくらいの値段になります」と金額を提示されるだろう。

 

その金額をもとに、大体の相場を把握する。

 

 

さらに、5社のうち3社くらいは直接家にくるのではないだろうか。

 

そして実際の荷物を見て、輸送費にどれくらいかかるかを調べ、より詳細の見積もりを出す。

 

それに関して、値段の交渉を行う。

 

 

これは私の場合だが、他社との金額をひたすら比較して言った結果、ほとんどの引っ越し業者が値段を下げ始め、最終的には5万円ほど引っ越し費用が安くなることがある。

 

注文住宅の場合

 

注文住宅を建てる際は複数社一括見積!

 

これは、注文住宅の一括見積でも言えることだろう。

 

まずは一括見積を行い、相場を知ることができる。

 

 

そのうえで様々な会社と相談を行いながら値切っていき、最終的な値段を聞く。

 

そうすることで、より安く契約を行うことができるのだ。

 

 

また、注文住宅の場合は引っ越しと違う点がある。

 

 

引越しの場合はだれでも作業内容のおおよそが想像できることだろう。

 

しかし、注文住宅の場合はそれが全くできない。

 

何を決めればいいのか、どれがどれくらいの値段なのか。それすらも分からない。

 

 

そんなときに、まず一括見積を行わずに一社に決めてしまい、その一社にすべてを任せるとしよう。

 

すると、その一社のいいなりになってしまい、最終的にはその会社が得をするような流れになるだろう。

 

それは当たり前の流れだ。会社はあくまで利益を追求することであり、得をできるなら得をしたいものだ。

 

一括見積の一番のメリット

 

注文住宅を建てる際は複数社一括見積!

 

一括見積の場合は、複数社から見積もり内容をもらい、さらに複数社からアドバイスを受けることができる。

 

これが何を意味しているかと言うと、他の会社との比較ができるのだ。

 

 

一社であれば、何もわからないこちらからすると、すべてを任せるほかない。

 

しかし、一括見積であれば、複数社から様々な視点でアドバイスをもらい、他の会社と比較しながらとなるため

 

できるだけ自分の会社を選んでもらおうと、値下げを行ったり、他社の悪い面を伝えることもあったりする。

 

それらの情報を頭に入れ、そのうえで自分で会社を決めることが、一番賢い決め方だ。

 

 

最初から一社に決めてしまうことは、こちらが不利益をこうむってしまう可能性が非常に高い。

 

それは、値段的にも、家の質的にもだ。

 

業者の選び方

 

注文住宅を建てる際は複数社一括見積!

 

どの会社も同じ力量なら、金額だけで決めてもいいだろう。

 

しかし、注文住宅会社の数は星の数ほどあり、実力差ももちろんある。

 

 

どの会社があなたにとっていいアドバイスをできるか、それはわからない。

 

しかし、実際に複数社から意見を聞いていれば「この会社なら信じることができる」といった会社を見つけることができるだろう。

 

 

最初から一社に決めていれば、その一社の言いなりになり、そのアドバイスが正しいのか分からずにそのまま進むことになる。

 

そして、注文住宅が完成した後に後悔してしまうことになるのだ。

 

 

実際に、注文住宅を建てた後後悔した人は3人に1人いるときく。

 

それは家の間取りや値段、様々な面で失敗はある。

 

 

私たちは物件に関してド素人である。何もわからない。

 

だからこそ、専門家にいろいろ聞きながら進めるのだ。

 

 

その専門家が物件に関してあまり詳しくない場合は、もちろんできた物件も理想とは程遠いものとなるだろう。

 

そういったことを防ぐためにも、複数社の意見をきくこと、そしてその中から自分自身で取捨選択を行うことは非常に重要となる。

 

一括見積を行うデメリット

 

注文住宅を建てる際は複数社一括見積!

 

そもそも、一括見積を行うデメリットはあるだろうか。

 

 

あえて挙げるとすれば「手間」がある。複数社から電話がかかってきて、自分自身で知識を蓄えつつ取捨選択を行うのだから、面倒な作業と思う人もいるだろう。

 

しかし、その面倒な作業を行うことができなければ、理想の住宅は建たない。他の人に任せきりで、自分が考えることをやめるのであれば、その人にとって都合のいい家になるだろう。

 

 

本当に注文住宅を成功させたいのであれば、是非一括見積を使ってみよう。

 

何もわからない状態でも、とりあえず資料の請求を行うだけでも知識は手に入る。

 

 

そこからの知識は、すべて業者にききながらすすめていけばいいのだ。

 

 

1から10まですべての知識を詰め込む必要はない。詰め込んでいるのであればそれは仕事にだってできるだろう。

 

1から3、4までの知識を詰め込むことができれば、あとは相談しながら進めていけばいいのだ。何も躊躇することなどない。

 

相手もプロなのだから、教えること、そして知識に関しては自信を持っているのだろう。

 

 

より良い家を建てるため、是非一括見積を使ってみてほしい。

 

注文住宅を建てる際は複数社一括見積!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加