注文住宅 一括見積

このエントリーをはてなブックマークに追加 

注文住宅の一括見積は『必ず』行いましょう!

 

注文住宅の一括見積は『必ず』行いましょう!

 

注文住宅を考えている場合、一括見積は必ず行うようにしましょう!

 

 

一括見積を行うべき理由としては、大きく分けて2つあります。

 

費用を極力抑える

 

より理想のマイホームに近づける

注文住宅の一括見積で費用を極力抑える

 

注文住宅の一括見積は『必ず』行いましょう!

 

一括見積を行えば、数々の注文住宅会社より見積もりを貰うことができます。

 

その中から気に入った、安い注文住宅会社を選ぶことで オトクに マイホームを建てることができます。

 

 

また、注文住宅を一括見積することで、会社の 割引 を期待することができます。

 

 

引越しの一括見積を行ったことはありますか?

 

私の場合は引っ越し業者4社から連絡があり、その4社のうちから実際に契約する引っ越し業者を決めることとなりました。

 

そこで引っ越し業者さんが毎回してくる質問は

 

 

「他社さんはどれくらいの値段を提示していますか?」

 

「他社さんよりも絶対に安くしますよ!」

 

 

引越しの場合、一括見積をすることで、初期の見積もりよりも 5万円 ほど節約することができました。

 

 

 

 

注文住宅の場合も、あなたは多くの会社から気に入った注文住宅業者を選ぶこととなります。

 

もちろん、どの業者も安くしてくれるでしょう。他社に負けないように。

 

 

 

一括見積の一番のメリットは、注文住宅会社が 他社と競う ところにあります。

 

 

初めから注文住宅会社を一社に決めることだけはやめておきましょう。

 

絶対に します。

 

 

 

まずは複数の会社から見積もりをもらい、相場を知る。

 

そこからは交渉となりますが、とにかく安く値切る。

 

 

それができるのが注文住宅の一括見積のメリットとなります。

注文住宅の一括見積でより理想のマイホームに近づける

 

注文住宅の一括見積は『必ず』行いましょう!

 

注文住宅の一括見積であれば、複数の会社から間取りのプランを貰うことができます。

 

 

もちろん、一社に決めて、その一社とひたすら相談しながら…それも一つの選択肢だと思います。

 

 

しかし、絶対に 失敗しない ようにするには、複数社の意見を聞くことが重要です。

 

 

 

選んだ一社が最高の一社だとは限りません。

 

他の会社は、もっと あなたにあった 間取りを提案してくれるかもしれません。

 

 

 

価格や予算、費用の面で推されることの多い一括見積ですが、複数社の意見を聞くことができるのも、非常に大きな メリット となります。

注文住宅一括見積を依頼する会社にも注意

 

注文住宅の一括見積は『必ず』行いましょう!

 

一括資料請求や一括見積をしてくれる会社もたくさんあります。

 

それぞれの会社で特徴があり、サービスも違ってきます。

 

 

その中でも私の一番のおすすめは、タウンライフさんの注文住宅一括見積サービスです。

 

こちらであれば 無料 なのはもちろん 3分 で申し込みが完了します。

 

タウンライフさんのホームページに詳細が書いていますので、見てみてください。

 

タウンライフさんのホームページ

 

他の一括見積と比べて 「600社との提携」 と、圧倒的に規模が違います。

 

土地に関する提案までサポートしてくれるため、一括見積を行うのであればタウンライフさんが一番おすすめです。

注文住宅会社の決め方

 

 

こちらの動画では、大阪の工務店に勤務しているOKAさんが、注文住宅を頼む住宅会社の決め方について解説しています。
30分と少し長めの動画となりますが、本当に重要なことをたくさん話しています。
私も何度もリピートしました。

 

注文住宅の一括見積を行う際にも非常に重要な事ではないかと思い、今回ここで紹介させて頂きます。
以下、この動画の内容を流れに沿ってまとめました。

 

OKAさんは大阪の工務店に勤務されています。
その工務店は40年以上、ハウスメーカーや不動産屋さんの下請けがメインでした。
そのため、それぞれの会社さんに合わせた、いろいろな使用の住宅を作っていました。

 

今度は、企業さんだけでなく一般の方にもお家を提供したいということで、展示場を作ることになりました。

 

OKAさんの工務店は、標準仕様があるようでない会社でした。
「構造材はこれ!断熱材はこれ!」といった、決まったものがないというものです。

 

例えば、お客さんと「構造材はどれにしますか?この構造材はこういうメリットがあって、でもこういったデメリットもあって…」と、一つ一つ一緒に決めていくスタイルです。
柱や梁、構造について「木材?それとも集成材?」などを一つ一つ写真を見ながら決定していくのです。

 

例を挙げるならば、設計事務所のようなスタイルですね。
それらをすべて話し合いながら、自然と金額が決まっていくのです。

 

この流れは、他の会社で行っているところもあるが、やっていない会社もあるのです。

 

実際に注文住宅の一括見積を行う際はそこについて聞いてみてください。
注文住宅の一括見積の大きなメリットは、他者と比べることができることです。
一括見積のメリットを活用しましょう!

 

実際に家を建てた人でも「木材と集成材の違い」について知らない人もいます。
木材は、一本の木から一本の柱を作るものです。
集成材は、たくさんの木片を接着剤で貼り合わせて作るものです。

 

では、このどちらの材料がいいのでしょうか?
これは、実際には分からないのだそうです。

 

強度で言えば、実は集成材の方が強いのです。
これは法律で決まっており、木材よりも強度の高い物しかないのだそうです。
また、安さで言っても集成材のほうが安くなります。
つまりは、安さで言っても強度で言っても、集成材のほうがいいのです。

 

しかし、集成材にはある「噂」があります。

 

集成材ができたのは極々最近、40年前なのだそうです。
ネットでは「集成材ははがれてしまうんじゃないか」「接着剤がずっと効くなんてことはあるのか」といった議論が繰り広げられています。
あくまで仮説でしかなく、それが正しいとは分からないのですが、木材を主に使っている会社はそれを押します。

 

お客さんに「集成材が安くて強度も高くいいって聞いたのですが」と聞かれると
「はがれるかもしれません。」「もしもはがれてしまったら、家が崩れてしまいますよ」。と答えます。

 

逆に、集成材を主に使っている会社の場合はどうでしょうか?
お客さんに「木材が剥がれる心配もなくて良いって聞いたんですけど」と聞かれると
「木材は割れる恐れがありますよ。集成材の方が安くて強いですよ。」と答えます。

 

それぞれ会社によって言い分が違うため、そこに矛盾がうまれてしまいます。
注文住宅一括見積もりのメリットは「いろいろな会社の意見が聞けること」と上に書きましたが、それぞれの会社が言っていることが違っていたら、あなたならどうしますか?

 

ほとんどのお客さんは、CMなどでよく聞くハウスメーカーさんに依頼するのだそうです。
そちらのほうが実績もあり、安心して任せられる…と。

 

確かに、多くの会社から矛盾する話を聞くと、どの業者を信じることができるかなんて、なかなかわかりません。
であれば、良く聞く会社に依頼するのが一番正しいとどうしても思ってしまいがちですよね。

 

素直な人であればあるほど、こういった矛盾に耐え切れず、大手ハウスメーカーさんに頼むことになります。

 

それは本当に正しいのか…?ということです。

 

注文住宅の一括見積を行う際にも、大手ハウスメーカーさんと、あまり知られていないメーカーさんから連絡が来ると思います。
その際、あなたはどちらを選びますか?
ほとんどの人は「良く知っている会社」を選んでしまうのではないでしょうか。

 

注文住宅の一括見積のメリットはここにもあります。
たくさんの会社から同時に意見を聞けることです。
是非、大手に即決すのではなく、いろいろな会社さんからお話を聞くようにしましょう。
注文住宅の一括見積を使うというメリットを忘れずに!

 

 

住宅は、建てたときから長くたてばたつほどメンテナンス費用がかかることをご存知ですか?
OKAさん曰く、一般的な住宅に30年住むと、740万円ものメンテナンス費用がかかるのだそうです。
OKAさんの工務店ではここに目を付け「メンテナンス費用の掛からない家」をテーマに家を建てました。

 

そもそも、どうしてメンテナンス費用がこんなにかかってしまうのかというと…。
最近の家は、外壁が「サイリング」でできています。
サイリングは、外壁の板を壁に貼り付けていくというスタイルです。

 

昔は、すべて左官屋さんが塗っていました。
しかし、今では最初から出来上がった外壁材を貼っていく形になっているのです。
もちろん、最初から出来上がった外壁材をペタペタ貼っていくということは、壁一つでも、何枚かにわかれてしまいます。
分かれた板を壁に貼っていくのですから、当然目地がでてきてしまいます。
その目地は、定期的に何本か出てきてしまい、窓のまわりにも当然出てきてしまいます。
雨が入らないようにコーキングはおこなっているのですが、目地が出てきた状態で放っておくと、雨漏りになってしまいます。
そうならないよう、定期的にメンテナンスが必要となるのです。

 

ちなみにですが、そうなった場合はコーキングをすべてやり直す必要が出てきます。

 

「60年補償」「一生涯保証」といった保証をよく耳にしますが、本当に保障してくれるのでしょうか?
実は、コーキングの補修は10年置きにしなさいということは義務付けられています。
その補修にはもちろんお金がかかりますし、補修を断った場合は保証がそこで切れてしまうのです。

 

この点に関しては、最初から説明する会社はなかなかいません。
もちろん、その理由としては「売れないから」です。
定期的なメンテナンスを必ず受けるようにしなければならないのですが、それが前提で保証を行っているのです。

 

注文住宅を建てた人の中にも、この点に関して理解していない人もいるのです。
昔ながらの左官屋さんによる仕上げを行った方が、初期費用は高くなるけれど後々メンテナンスがいらないというメリットがあるのです。

 

注文住宅の一括見積もりを行う際にも、必ず「保障」について聞いておきましょう。
ただただ初期費用で比べるだけであれば、いくらで安くできます。
材料や断熱材など、すべて安くしていけばいいのですから。

 

知識が無ければ、正しい判断はできません。
注文住宅の一括見積を行うまえに、しっかり知識を付けておきましょう!

 

また、内装に関しても最近は和室ではなく洋室、フローリングが一般的となっています。
しかし、ほとんどのフローリングが、表面は木材ではないことをご存知でしょうか。
一見木に見えますが、実はベニヤ板を貼り合わせ、ビニールシートを貼ることによって木目調にしているのです。
シールのため、ずっとそのままあるわけではありません。
大体20年くらいではがれてくるのです。

 

表面がビニールと言うことをなかなか知っている人はいません。
多くの人は「木」だと思っているのです。

 

例えば、革のカバンを買いに行くとしましょう。
良いお値段で革のカバンを購入した。でも実はそれは、革に見せかけたビニールのバッグだった…。
そういった場合、あなたはどうしますか?
クレームを入れる人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、住宅建築の際にはそれがまかり通ってしまっているのです。
あとから「フローリングが木じゃない」ことに気が付き業者に連絡をとったとしても
「そんなもんですよ」といわれ、そのまま終わる…ということだってある。それが今の建築業界なのです。

 

そもそも、何千万円もかけて買うようなものなのに、表面がビニールということをしらなかったというのはおかしな話です。
そういった「悪い情報」「相手を嫌な気分にさせる情報」は一切言わない業者もいるのです。

 

ちなみにですが、無垢のフローリングの場合は、ビニールではなく1枚ものの木となります。
木は年々、色が変わっていきます。
最初の頃は白っぽい色。それが時間がたつにつれて、だんだんと色が濃くなっていくのです。
それが天然材料の特徴なのです。

 

アンティーク家具って高いですよね?
それは、あの「黒っぽい高級感のある色」に変色した木に値打ちがあるからです。
木は年月をかけて黒くなります。
すると、値段、価値が高まっていきます。
美しい、高級感のあるシックな質感になるのです。

 

最初から濃い床は、値打ちの上がった木をイメージして、ビニールで表面を覆い作っています。
そこはちょっと、本来の木の良さがないといった悲しみもありますよね…。

 

内装のビニールクロスに関してですが、年月が建つにつれて、どうしてもはがれていきます。
職人技ですから、なかなか自分で直すことはできません。

 

昔ながらの漆喰であれば、実はメンテナンスは非常に楽なのです。
少し汚れてしまっても、削ればすぐに元通り。
ちょっと削れてしまっても、市販の漆喰で簡単にへこみも修正することができるのです。

 

例えば「絵を飾りたい!」と思ってビスで穴をあけ、穴を開ける場所をミスってしまった場合。
漆喰であれば、何も気にすることはありません。すぐに修正することができます。
補修用の漆喰を買ってきて、そこにつめてやるだけでいいのです。

 

市販されているものは粉状のものですが、それに水分を加えてやると、クリーム状の漆喰になります。
その漆喰を塗ってやるだけで補修できるのです。

 

そういった具合に、漆喰はメンテナンスが非常に楽な壁だといえます。
傷がついても、カッターで少し削るだけ。へこみができても、自分で塗るだけ。簡単です。

 

また、ビニールクロスは専用の接着剤で貼っています。
あまりいいにおいとは言えません。簡単に言えば、新築のにおいです。
中にはその新築の匂いが好きな人もいますが…実際には、体にいいとはいえないのです。

 

よく「F☆☆☆☆(フォースター)の規格をクリアしているから大丈夫ですよ!」といったことを業者さんに言われるかもしれませんが、F☆☆☆☆をクリアしているからと言って安全とは限らないのです。

 

シックハウス症候群。一時期話題になりましたよね。
シックハウス症候群の原因となる物質は13種類あるといわれています。
「フォースターの規格をクリアしているから」といっても、そのうちの2つが規制されているだけなのです。

 

その理由は、その2つがなくても接着剤が成り立つから。
つまり、その2つを規制したからといって、安全とはいえないのです。

 

実際にOKAさんは、国土交通省の方に直接聞いたようです。「本当に安心なのですか?」と。
しかし「安心ではありません」との回答があったそうです。

 

実際に、一日かけて換気扇で換気しなさいよ!という法律があるそうです。
それは、2つを規制したことによって安心といえるわけではないからです。

 

漆喰の場合は、そういったものは一切使いません。自然素材です。

 

漆喰は、世界で一番といっていいほど有名な材料です。
正解中の住宅、建造物でも使われていますし、最近話題になった姫路城でも使われています。

 

漆喰は光を反射します。そのため、漆喰で補修した直後はどうしても真っ白で浮いてしまうのです。
姫路城もそのせいで「しろすぎ城」とよばれていましたね。
しかし、ちょっと経つと周りに馴染んでくるのです。

 

また、最近使われているものの中に「サイリング」と呼ばれているものがあります。
サイリングは、コンクリートに着色したものです。
着色しただけの物のため、数年後には塗装が落ちていきます。
塗装が落ちたら、塗りたくなりますよね?

 

しかし、サイリングでもともとは石っぽい雰囲気だった外壁も、補修するにあたってはいっきにローラーで塗るしかないのです。
石っぽさがすべて失われてしまうのです。

 

本当の石で作ったのであれば、そうはなりません。
汚れたら高圧洗浄でバシャーっとやるだけ。
それだけで汚れもなくなるのです。
また、本当の石、岩なのですから、市販の高圧洗浄機程度では割れたりしません。
色が落ちたりもするはずがありません。

 

これを理解したうえでサイリングを使うのであれば良いのですが、実際はこういった説明が十分になされないまま建築されてしまうこともあるようです。

 

石目調にしたければ、実際に石を使った方が良いのです。
いくら初期費用が高くつこうとも、理想的な家、そしてメンテナンス費用のことを考えれば、そちらのほうがいい選択となるのです。

 

どうしてそういったことがまかり通っているかと言うと、材料費を安くした方が「儲かる」からです。
お客さんとしても、安く仕上がるに越したことはありません。
材料費が安くなれば、業者も嬉しい。お互いウィンウィンの関係といえなくもありません。
しかし、しっかりとした説明ができていない状態で行ってしまえば、それはウィンウィンとはいえませんよね。

 

大手のハウスメーカーさんの場合、外注でやってもらうことが多くなります。
すると、どうしてもそういったことが出てきてしまうのです。

 

一括見積をする場合は、そういったことにも気を付けた方が良いかもしれません。
注文住宅の一括見積であれば、他者からの意見を聞くこともできます。
むしろ、一括見積をせずに、最初から一社に決めてしまうと、なかなか正しい判断はできません。
注文住宅の一括見積を行うことで、視野を広めておきましょう!

 

どの会社を選択し建てるにしても、どういったものを使って建てるのかを知っておくべきです。
どこの会社に依頼すべきなのかも、知識が無ければ分かりません。

 

一括見積の場合でもそうですが、注文住宅をじっくり悩む人はたくさんいます。
しかし、材料に関してじっくり悩む人は少ないのです。
それは、材料について説明している会社が少ないからです。

 

いいところしか聞いていないと、何がいいのかわかりません。
結局カタログなどで決めてしまうのです。
悪いところを知ることで、本当に自分自身で選択することができるのです。
知識を得ることは本当に重要です。

 

営業マンの言いなりにならないこと。
しっかりとした知識を持ち、デメリットを知り、営業マンに「説明してもらう」のではなく「相談できる」ようになりましょう!

注文住宅の一括見積によるメリット

 

注文住宅の一括見積は『必ず』行いましょう!

 

改めてここで、注文住宅の一括見積を行うメリットについてまとめます。

 

注文住宅の一括見積を行うメリット

 

手間がかからない!

 

やっぱり、注文住宅一括見積の一番のメリットはこれですよね。
注文住宅の一括見積は、基本的に無料となります。
余計な費用はかかりませんし、一括見積申請も数分で行えます。
ローンなどに関しても気軽に相談できます♪

 

本来であれば、数社に直接自分で連絡しなければいけないのですが、注文住宅一括見積サービスを使うことで、それらの手間を省くことができます。

 

比較検討が楽

 

自分で複数社に連絡を取った場合、その比較はなかなか難しいものです。
注文住宅一括見積サービスであれば、その比較もぱぱっとできます!
それぞれ送られてくる資料には一貫性がありますし、目を通しやすい資料となっています。

 

また、注文住宅一括見積の中に含まれる業者は、一定の基準をクリアしたものだけです。
一括見積を行わなければ、そういった基準にクリアした会社かどうかすらわかりません。

 

比較が簡単、しかも上のレベルでの比較ができるといった面で、注文住宅の一括見積はおすすめです!

 

理想の家作りができる!

 

注文住宅の一括見積であれば、他社と比較し、要望に合った、より自分の理想に近い家を建てることのできる可能性を上げることができます。
また、注文住宅の一括見積を使うメリットとして、実際に仕事を依頼する会社とは別に、注文住宅の一括見積を行ってくれた会社にも相談できる、というのは意外と大きなメリットです。
仕事を頼む会社とは別の視点からの意見を聞くことができます。

 

タウンライフの注文住宅一括見積であれば、自宅にいれば、多数の会社から見積もり結果が届きます。
各注文住宅会社に実際に行く必要はないのです。

 

さらに、タウンライフの注文住宅一括見積サービスには全国600社以上の登録がありますので、よりあなたにあった会社をみつけることができるでしょう。

 

「リビングはどんな間取りにしようかな?」

 

「寝室は?どっち向きにベッドを置こうか」

 

「書斎が欲しいなぁ…。」

 

「防音室!ピアノ置きたい!ギター弾きたい!」

 

「トイレは広くしたい!ゆっくりできるWCがいいなぁ。」

 

そういった「理想のマイホーム」はだれしも持っているものだと思います。
ウッドデッキやバルコニーに憧れる人も多いですよね。

 

多くの間取りとその金額を見ることができるのも、注文住宅一括見積の大きなメリットです。
土地探しなどのサービスがあるものもあります。

 

是非、注文住宅を建てる際は、一括見積を行いましょう!

注文住宅の建築実例

 

注文住宅の一括見積は『必ず』行いましょう!

 

タウンライフの注文住宅一括見積サイトの一番下に、建築実例が紹介されています。

 

ウェブ上で建築実例の写真を実際に見ることができますので、是非ご覧ください!
もちろん無料です。

 

注文住宅の一括見積は『必ず』行いましょう!

 

今回は「島根県」で検索!

 

たくさんの注文住宅実例が紹介されています。

 

注文住宅の一括見積は『必ず』行いましょう!

 

「子どもには個室を与え、1階にみんなの集まる場所をつくりたい」というのもご夫妻の希望。お子さまが小さなうちは広々と使い、いずれ2部屋に分割できるように設計されています

 

といった具合に、それぞれの写真に一言コメントもつけられています。

 

収納や子供部屋などの例もたくさん紹介されています。

 

注文住宅を建てる際の参考に是非使ってみてください♪

このエントリーをはてなブックマークに追加